Paravi(パラビ)で配信!話題沸騰のドラマ特集

現在、テレビのない世帯も増えインターネットでの配信が広まり、どんどん進化していく配信サービスの中でも大人気ドラマを多数配信している「Paravi」。そんなParaviでも特に人気の高い作品をご紹介していきます。

半沢直樹

出典:Paravi

半沢直樹とは

放送時期:2013年7月〜9月(第1シリーズ)、2020年7月〜9月(第2シリーズ)
出演: 堺雅人、上戸彩、及川光博、片岡愛之助、滝藤賢一、香川照之、笑福亭鶴瓶、北大路欣也ほか

東京中央銀行を舞台に、さまざまな不正や問題に立ち向かっていく型破りな熱きバンカー・半沢直樹(堺雅人)。いつのまにか欲に溺れた行内、それにまつわる人々への「倍返し」が展開されていく。

視聴者の声

★「半沢直樹」は、一介の銀行行員が上司の理不尽な行いや悪行に立ち向かい、それを暴き、倍返し以上の仕返しを行うことで、サラリーマンを中心とした多くの視聴者の快哉が得られるドラマです。人事や給与の部分で多くの実権を握っている上司に立ち向かうことは実社会ではほぼムリなことで、果敢に挑戦している本作品の主人公に自己投影することでカタルシスを得られるのです。私は嫌なことがあると、この作品のどの話でも録画した映像を繰り返して観て、ストレスを発散させていました。同じことを毎夜行っているサラリーマンは多いだろうと推測しています。視聴すればアルコールなしでスカッとした気持ちで床に就くことができますので、肝臓にも良いドラマと言えます。(50代男性)

★堺雅人さんが大好きで、半沢直樹を欠かさず見ていました。社会人の経験がある人なら誰でも感じたことのある理不尽さを半沢直樹はすべて吹き飛ばしてしまうくらい勢いのあるドラマです。半沢直樹はやられっぱなしではなく、必ず敵を打ち負かしてくれるので、どのような倍返しが繰り出されるのかが見どころだと思います。出演者の迫真の演技も見物で、顔芸や言葉も話題になったものばかりです。ただ、半沢直樹は戦いだけではなく仲間との絆も描かれていて見ごたえがあります。(30代女性)

★正義を貫く銀行員の半沢を、ずっと応援して見ていました。はじめは、お金を借りる経営者が敵だと思っていましたが、実は、銀行内部に多くの敵がいることがわかり、上司にも「倍返しだ」と、負けずにつき進むのが素敵でした。同期の渡真利が情報をいち早くつかんで伝えて、ギリギリで間に合ったり、妻の花がさりげない会話がヒントになったりするのも良かったです。堺さんが力強く真実を突きつけ、最後にスッキリしました。2013年は、最後が出向で終わったので、気になっていましたが、2020年で、また大きく流れがあったのでほっとしました。(60代女性)

恋はつづくよどこまでも

出典:Paravi

恋はつづくよどこまでもとは

放送時期:2020年1月〜3月
出演: 上白石萌音、佐藤健、毎熊克哉、昴生(ミキ)、渡邊圭祐、瀧内公美、吉川愛、堀田真由、香里奈、平岩紙、片瀬那奈、蓮佛美沙子、山本耕史ほか

高校の修学旅行中にある医師に一目惚れした七瀬(上白石萌音)は猛勉強をし晴れてナースに。その憧れの医師・天堂(佐藤健)がいる病院に勤めることになったが天堂はどSな性格で、七瀬の予想外の片思いが始まる。

視聴者の声

★仕事と恋に一生懸命な七瀬とドSだけどだんだん七瀬に惹かれていく天堂先生のコンビがすごく好きでした。最初はドSな天堂先生が物語の後半になると七瀬を本当に大事に思っているんだなと思いキュンとしました。第10話の天堂先生が七瀬に言った「俺はもうお前をかわいがることしかできない」というセリフがすごくキュンとして好きでした。七瀬と酒井のライバル関係が互いに成長していくのがすごく好きでした。七瀬を見守り協力していく来生先生が天堂先生とは正反対のタイプで心が温かくなり好きなキャラクターでした。(20代女性)

★マンガを読んでいたので実写版のドラマを楽しみにしていました。少女漫画をそのままドラマにしているところがよかったです。個人的には「佐藤健」がイケメンだし、どんな演技をするのか興味がありました。ドラマの中の「佐藤健」のクールで、イケメン医師、ドSがかっこよかったです。ヒロインの「上白石萌音」がけなげに、いちずに「天堂浬」を思っているところは「きゅん」としました。ドラマのストーリーはおもしろくて、「香里奈」さん、「片瀬那奈」さん、などの大女優も出演しているのが見どころでした。(40代女性)

★キャストが素晴らしかったと思います。佐藤健さん演じる天童が、七瀬に厳しく冷たくしながらも、気になっていき、最後にはキュンキュンしていくので、毎回どこまで進むのかとても楽しみでした。もちろん、佐藤さんのツンデレを見るたびにドキドキしました。上白石萌音さん演じる七瀬は、一生懸命で、かわいくて、応援したくなりました。勇者というのは少しやりすぎかなと思いましたが、萌音さんが演じるとそう思わせないところがさすがだと思いました。(60代女性)

アンナチュラル

出典:Paravi

アンナチュラルとは

放送時期:2018年1月〜3月
出演: 石原さとみ、井浦新、窪田正孝、市川実日子、薬師丸ひろ子、松重豊ほか

不自然死究明研究所=UDIラボを舞台に、法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)たちが解剖から不自然な死を見つけ、そしてそこに潜む事件の謎やさまざまな人間模様を解明していく法医学ミステリー。

視聴者の声

★主人公のミコトが不自然死の遺体の謎を明らかにしていくのが毎回すごく好きでした。最初は良くなかったミコトと中堂さんの関係性も回を重ねるごとに力を合わせているのがすごいなと思いました。ミコトと東海林の友達ではなく同僚という関係性も憧れてすごく好きでした。全話を通して明かされる中堂さんの元恋人の死の真相もすっきりできる内容で面白かったです。キャストの人たちの演技力が高くて毎回物語にすごく引き込まれていきました。(10代女性)

★病死以外で亡くなった場合、原因を突き止めたり、事件だったら犯人の手がかりを見つけるのは、法医学者しかいません。UDIの皆さんのように、細かく調べる医師たちの立派さに感心しながら見ました。印象深い事件は、中学生がいじめにあって自殺した為に、友人が殺人をしたかのように見せかけ、ミコトに挑戦した事件と、最後の殺人鬼を追い詰める事件です。とてもハラハラしました。ミコトは、生い立ちのためか、何事にも動じず、冷静に判断するのが好きでした。他人を寄せ付けない中堂との会話も少しコミカルで良かったです。記録係の六郎が心配でしたが、スパイスになってよかったです。(60代女性)

義母と娘のブルース

出典:Paravi

義母と娘のブルースとは

放送時期:2018年7月〜9月(スペシャル/2020年1月)
出演: 綾瀬はるか、竹野内豊、佐藤健、上白石萌歌、井之脇海、横溝菜帆、宇梶剛士、奥貫薫、浅利陽介、浅野和之、麻生祐未ほか

キャリアウーマンの亜希子(綾瀬はるか)が子持ちの良一(竹野内豊)と結婚し、娘・みゆきの義母となって大奮闘!仕事はできるのに子育てはなかなかうまくいかず・・いびつな関係から始まった”家族”愛の物語。

視聴者の声

★真面目で堅物な義母の亜希子と過ごす事になったしっかり者の幼いみゆきだけに将来きっと亜希子のようになると思わせておいて全く違う軽いイマドキの学生となるのが可笑しく、亜希子たちに奇跡を起こす謎の麦田が予想外のポンコツキャラとわかり亜希子と結ばれそうでいたのに結ばれない展開のもどかしい面白さに爆笑させられてと笑いどころが多く、家族を得た亜希子が柔らかくなる人柄から出会う人々との交流も温かく感じられ、悲しい部分を必ず入れているのに希望と勇気を与えてくれる奇跡のドラマだと思います。(30代男性)

★綾瀬はるかさんが今までのイメージと全く違う、不器用なキャリアウーマン役が素晴らしかったです。しかも、結婚理由も複雑(?)で娘を育てる10年にもわたるドラマでしたが、何事にも正面から向かっていく亜希子さんがとても魅力的でした。特に、PTAを無くすことを提案し、一人で運動会を手伝い、最後にはみんなの協力を得たり、株のグラフのお弁当を作ったり、ベーカリー麦田を立て直そう、麦田に合わせた提案書を作ったりするところが良かったです。いつも、みゆきのためを思う母親としての姿は見習うところもたくさんありました。(60代女性)

凪のお暇

出典:Paravi

凪のお暇とは

放送時期:2019年7月〜9月
出演: 黒木華、高橋一生、中村倫也、市川実日子、瀧内公美、唐田えりか、中田クルミ、白鳥玉季、吉田羊、武田真治、片平なぎさ、三田佳子ほか

趣味は節約、空気を読みすぎて自分らしく生きれない28歳OLの主人公・大島凪(黒木華)が仕事も彼氏も捨てて人生リセット。新たなアパートでの出会いから元彼、母親、元同僚・・さまざまな出来事と人間模様から成長していく夏の物語。

視聴者の声

★主人公の凪が、嫌なことがあって会社を辞めいったん社会との距離を置き、その後社会の中に戻っていこうとする、という誰にでも起こりそうなストーリーにまず惹かれました。しかし、感情の流れ自体は誰にでも起こりそうですが、そこで社会と距離を置こう、「お暇」しようと考えてそれを実行に移せる行動力というのはそう簡単にもてるものではなく、その部分はエンタメとして魅力的でした。そして、主人公の黒木華さんのビジュアルも髪形や服装なども相まってすぐそばにいそうな分、感情移入がしやすかったように思います。二人の男性への選択も私としては意外性があってとても好きでした。あと、原作漫画とビジュアルに違いはありますが、キャラクターとして中村倫也さんの演技がとても好きでした。(20代女性)

夜行観覧車

出典:Paravi

夜行観覧車とは

放送時期:2013年1月〜3月
出演: 鈴木京香、石田ゆり子、宮迫博之、杉咲花、安田章大、宮崎香蓮、中川大志、夏木マリ、高橋克典ほか

憧れの一戸建てを購入し高級住宅地「ひばりヶ丘」に家族3人で引っ越してきた主人公・真弓(鈴木京香)。ところが現実は冷たく、さらに殺人事件が起きてしまい・・。複雑な事件の真相に迫っていくサスペンスドラマ。

視聴者の声

★大好きな湊かなえさんが原作の作品なので観ることにしたのですが、鈴木京香さんや石田ゆり子さん、夏木マリさんなどキャスティングが素晴らしくどんどん引き込まれてしまいました。中でも杉咲花ちゃんの演技が素晴らしかったです。念願のマイホームを手に入れて幸せいっぱいなはずの家族や、恵まれた環境で何不自由なく過ごしているように見えるエリート家族の、表面ではわからない家族の気持ちやご近所との関係が錯綜するところが大好きなドラマです。(40代女性)

中学聖日記

出典:Paravi

中学聖日記とは

放送時期:2018年10月〜12月
出演: 有村架純、岡田健史、町田啓太、小野莉奈、マキタスポーツ、夏木マリ、渡辺大、友近、村川絵梨、中嶋朋子、岸谷五朗、吉田羊、夏川結衣ほか

憧れの教師となり中学校へ赴任した末永聖(有村架純)は、婚約者がいながらも生徒のひとりである黒岩晶(岡田健史)に次第に惹かれていく禁断、そして純愛のラブストーリー。

視聴者の声

★中学生と教師の恋愛を描いたドラマで、今までのドラマにはない内容になってるところが見てて飽きなかったです。恋愛以外の事も、考えさせられるドラマになってて最後は、ハッピーエンドで終わって良かったです。特に、主演の有村架純さんのセリフが毎回心に刺さり、キャストの岡田健史さんも初々しさがあり二人の演技が自然で引き込まれるものがあって、好きでした。また、主題歌が物語の感動するところで流れてくるのも好きでした。(20代女性)

孤独のグルメ

出典:Paravi

孤独のグルメとは

放送時期:2012年1月〜(〜シーズン8/単発あり)
出演: 松重豊ほか

主人公・井之頭五郎(松重豊)が仕事の途中で立ち寄ったさまざまな土地のお店とグルメを紹介。「飯テロ」を存分に味わえる人気シリーズ。

視聴者の声

★華やかな中華街、路地裏の味のあるレストランなど和洋中と美味しさに国境なしというように、豊な表情で食べている井之頭五郎の食べっぷりにあっぱれです。あの細身の身体と食べつくす豪快な料理の品数がとても面白くて、食べている時の五郎の脳内のつぶやきに思わず笑ってしまいます。お客さんの料理を気にしながらメニュを見る吾郎さん、料理が出た時の満面の笑顔の吾郎さん、我を忘れて箸やスプーンが進んでいく夢中の吾郎さんなど色々な吾郎さんの姿がとてもいじらしくて吾郎さん演じる松重豊さんの優しい演技にとても癒されました。(60代女性)

MIU404

出典:Paravi

MIU404とは

放送時期:2020年6月〜9月
出演: 綾野剛、星野源、岡田健史、橋本じゅん、黒川智花、渡邊圭祐、金井勇太、番家天嵩、小日向文世、菅田将暉、生瀬勝久、麻生久美子ほか

警視庁の第4機動捜査隊で野生的な伊吹(綾野剛)と理性的な志摩(星野源)という真逆の二人がバディを組み、24時間内のタイムリミットの中で犯人逮捕のために動く新感覚刑事ドラマ。

視聴者の声

★W主演の綾野剛さんと星野源さんの絡みが毎回楽しみです。真面目で細かい仕事ぶりの星野源さん演じる志摩一未と足だけは速く仕事に関しては気合十分の少々細かいことは気にしない綾野剛さん演じる伊吹藍のバランスが絶妙で楽しいです!毎回事件を解決していくのですが、印象に残るのは綾野剛さん演じる伊吹藍の直感で動ける仕事ぶりです!情に熱く気合だけで動いては成り立つこのできない警察のお仕事ですが、気合と情に熱いから犯人に寄り添い、感情をむき出しにするので観ていてすっきりするストーリーです!人を守ることに熱くなれるドラマです!(30代女性)

★綾野剛さんと星野源さん主演ということで、お二人は他ドラマでタッグを組んでいたこともあるので、本作品ではどんな味を出すのか楽しみにしていたのですが、期待を裏切らないぐらいストーリーが面白いです。伊吹の破天荒さと志摩の冷静沈着な面からして二人は合わないはずなのに、回を重ねるごとに見事にマッチしていて、まさに阿吽の呼吸というのはこういうことなのかと感じさせられました。刑事ドラマでありながら刑事っぽくなさもあるので、ひとつのドラマとして楽しんで観ることが出来ました。(20代女性)

★星野源さん演じる志摩が、過去を引きずる警官で、綾野剛さん演じる伊吹は、勘が良いけれど説明が苦手で突っ走る警官という設定が良かったです。2人は正反対のようでしたが、しだいにお互いを思いやるようになったところが感動的でした。一つは、志摩の元同僚の死の真相をつきとめたことです。もう一つは、伊吹が寄り添うところです。機動捜査隊という現場に1番に駆けつける警官が、市民の安全を一番近くで守っているということもわかってよかったです。(60代女性)

この恋あたためますか

出典:Paravi

この恋あたためますかとは

放送時期:2020年10月〜12月
出演: 森七菜、中村倫也、仲野太賀、石橋静河、飯塚悟志、古川琴音、一ノ瀬颯、佐藤貴史、長村航希、中田クルミ、佐野ひなこ、市川実日子、山本耕史ほか

アイドルをクビになった主人公・樹木(森七菜)がバイト先のコンビニ「ココエブリィ」の社長・浅羽(中村倫也)と出会いスイーツ開発することに。そこで出会う新谷(仲野太賀)、里保(石橋静河)、そして浅羽との四角関係に発展していく。

視聴者の声

★2020年、10月から12月まで放送されていた神森万里江さんと青塚美穂さんの脚本作品のこの恋あたためますかです。この作品は、面白くて、作品内容が素晴らしかったです。ドラマの放送も、毎週楽しみに全話観させていただきました。パラビでは昨年末に初めて登録して、実は昨日まで全話通してリピートして何度も見てきました。良い作品は、あらすじや内容が分かっていても、何度みても、良い作品です。全く飽きません。私は、この作品をとっても気に入っています。
これまで観てきた恋愛が絡んでいる作品の中で1番好きです。この作品の特に好きな所は、お話の全体的な流れの内容です。特に、主人公の井上樹木と浅羽拓実との恋愛模様が好きです。樹木の片思いが長かったですが、最後には実って安心しました。登場人物もみんな好きです。ハリネズミの大福も気に入っています。また、その恋もう少しあたためますかというスピンオフドラマに登場してくるイチゴというハリネズミも好きです。ついつい、大福とイチゴの場面をリピートして観てしまいました。この恋あたためますかには、悪者がいませんが、それが特に印象に残りました。神森さんと青塚さんの脚本はとても素晴らしかったです。1つだけ要望できるならば、どんな形でもいいので、またこの作品戻ってきてほしいです。最終回からその後の続編がぜひ観たいです。(40代女性)

絶メシロード

出典:Paravi

絶メシロードとは

放送時期:2020年1月〜4月
出演: 濱津隆之、酒井若菜、西村瑠香(青春高校3年C組)、山本耕史ほか

サラリーマンの民生(濱津隆之)が「誰も誘わず、誰も巻き込まず、予算はお小遣いの範囲内」をモットーに金曜の夜から土曜の夕方まで、絶滅してしまうかもしれない“絶メシ”を求めて車で日本全国を回る。

視聴者の声

★須田家における主である民生の権力の位置関係がとても面白くて賑やかな仲良し母娘を遠慮しながら話しかける民生がとても可愛いくて思わず笑ってしまいました。民生演じる濱津隆之さんの人の好さそうな、気弱な演技最高です。待ちに待った金曜日に、小遣い範囲内で車中泊しながら絶メシを探していき、絶メシに出会った時の幸せそうな民生の満面の笑顔はとても癒されます。色々な店主が登場、常連ならで楽しい会話の賑わい、ずっと親しまれてきた歴史ある一品など数々の素敵なシーンに身も心も満腹になり幸せな気持ちになりました。(60代女性)

逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル

出典:Paravi

逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャルとは

放送時期:2021年1月
出演: 新垣結衣、星野源、大谷亮平、藤井隆、真野恵里菜、成田凌、青木崇高、滝沢カレン、古舘寛治、細田善彦、西田尚美、モロ師岡、高橋ひとみ、宇梶剛士、富田靖子、古田新太、石田ゆり子ほか

根強い人気を誇る「逃げ恥」から約4年、スペシャル版が登場!みくり(新垣結衣)の妊娠によってぶつかる社会的問題、時代と多様性を盛り込んだ進化した「逃げ恥」に要注目!

視聴者の声

★海野つなみさんの漫画原作で、脚本は野木亜記子さんです。この作品が、やっと戻ってきてくれて、本当に嬉しかったです。面白くて、良い作品です。本編も観させていただきましたが、パワーアップして戻ってきてくれました。全部よかったですが、特に好きな所はみくりと平匡の子供が産まれてきてくれたことです。ずっと待っていましたので、感動しました。みくりと平間も普通の夫婦になって、その夫婦模様が好きです。みくりと平匡のやり取りは、何を話していても面白いです。特に、一緒に婚姻届けを入れにいく所は、これまでの経緯を知っていますので、涙腺がウルウルしてしまいます。2人が、これまで以上に幸せにしているようで安心しました。
つわりなど雲行きが怪しくなっていましたが、2人で乗り越えていた所も素敵です。驚いたこととしては、百合の病気でした。でも結果良かったです。そして一番驚いたのは、脚本の野木さんが、今の現代社会の問題になっているcovid19を逃げ恥に組み込んだことです。最近、野木さんは、ご自身の脚本作品に現実を入れてらっしゃるように見受けられます。すごい脚本家さんです。逃げ恥の他の登場人物のエピソードもみんな良かったです。是非また続編で戻ってきてほしいです。(40代女性)