煌めく女性が主人公!「人気女優主演」のドラマ特集!

綾瀬はるか、新垣結衣、石原さとみ、吉高百合子、深田恭子、、、いつも世の女性の憧れである「女優」。そんな現在活躍されている人気女優たちが主演を務めるおすすめのドラマをご紹介していきます!

アンナチュラル(主演:石原さとみ)

出典:Paravi

石原さとみ

1984年12月24日 東京都出身
ホリプロ所属
デビュー:2003年映画『わたしのグランパ』
出演作品『失恋ショコラティエ』『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』ほか

アンナチュラルとは

放送時期:2018年1月〜3月
出演:石原さとみ、井浦新、窪田正孝、市川実日子、竜星涼、薬師丸ひろ子、池田鉄洋、北村有起哉、飯尾和樹、松重豊ほか

人気脚本家・野木亜紀子によるオリジナル作品。不自然死究明研究所=「UDIラボ」を舞台に、法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)たちが”不自然な死”を追求していくヒューマン医療ドラマ。

視聴者の声

★医療系ドラマと刑事ドラマが一緒になったようなドラマで、もともとどちらも好きだったので、見始めました。石原さとみさんのちょっとコメディー感のあるところが好きだったので、少し重ための内容のドラマではどうなるのかなと思っていましたが、市川実日子さんとの掛け合いは、とてもキュートで見ていてうふふと笑えたり、他の周りのキャストの皆さんの関係性もとても面白かったです。1話ずつももちろん面白かったですが、ドラマ通しての一つの事件を追っていくところもドキドキしました。(30代女性)

コンフィデンスマンJP(主演:長澤まさみ)

出典:FOD

長澤まさみ

1987年6月3日 静岡県出身
東宝芸能所属
デビュー:2000年映画『クロスファイア』
出演作品『プロポーズ大作戦』『真田丸』ほか

コンフィデンスマンJPとは

放送時期:2018年4月〜6月
出演:長澤まさみ、東出昌大、小手伸也、小日向文世ほか

ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)、そして五十嵐(小手伸也)という信用詐欺師=コンフィデンスマンたちが悪徳な金の亡者をターゲットに騙し合い大金を奪う!映画化もシリーズ化されている人気作品。

視聴者の声

★詐欺師という人を騙し奪い取るという悪党であるダークなイメージしかなかった部分が、3人で手を組む詐欺師たちの紅一点であるダー子がとにかく明るく元気に陽気に動き回る姿で物語を楽しくしてしまう所がさいこうで、騙すターゲットに近付く時の成りすましが微妙にズレてしまっているコミカルさが面白く、仲間のボクちゃんはカラカイつつ利用する小悪魔な思考と極悪な輩に騙された人のために動いた義賊行為は絶対に言わない感づかせない姿勢はカッコ良く、面白さを全面に出しつつ粋という雰囲気が感じられる物語が好みです。(30代男性)

★「コンフィデンスマンJP」は、正に女版のルパン三世という感じで、長澤まさみさんが振り切った感じで大活躍しているのが魅力的です。再ブレイクという感じで、ものすごく冴え渡っている感じがします。そして、峰不二子的なお色気シーンにも体当たりで挑んでいる感じが凄まじいです。そして、悪党たちからお金を巻き上げる感じが痛快です。なんといっても、絶体絶命に追いやられたところからの大どんでん返しが強力で、毎回驚かされます。(40代男性)

★長澤まさみさんのコメディ演技がとっても面白くて素敵な作品です。だいぶはっちゃけた、テンションの高い演技なので普段が割とクールめな長澤さんのキャラとのギャップを楽しむことが出来ます。東出さんとの掛け合いもテンポが絶妙です。一話ごとに「あー、また騙された!!」と思わされますが、最終回は特に驚きます。一度最後まで見たらまた作中に出てくる単語やモノなど、絶対に確認したくなります。重要なモノや伏線がたくさん散りばめられているので何回見ても面白い作品です。(20代女性)

スカーレット(主演:戸田恵梨香)

出典:NHKオンデマンド

戸田恵梨香

1988年8月17日 兵庫県出身
フラーム所属
デビュー:2000年NHK連続テレビ小説『オードリー』
出演作品『大恋愛〜僕を忘れる君と』『LIAR GAME』ほか

スカーレットとは

放送時期:2019年9月〜2020年3月
出演:戸田恵梨香、富田靖子、松下洸平、伊藤健太郎、大島優子、林遣都、桜庭ななみ、福田麻由子、黒島結菜、溝端淳平、マギー、西川貴教、佐藤隆太、財前直見、水野美紀、イッセー尾形、稲垣吾郎、北村一輝ほか

NHK連続テレビ小説として2019年後期に放送。陶芸家の神山清子をモデルに主人公・川原喜美子(戸田恵梨香)が生まれた昭和初期から信楽焼に情熱を捧げる生涯を描いていく。

視聴者の声

★朝ドラの王道のような作品なので、観ていて元気がもらえることが多いです。半年の長丁場の作品でほぼ毎日の放送なので回によっては暗くなったりすることもあるのですが、基本的には主人公が前向きな人で男世界に女一人で飛び込んでいくような力強さもあるので、朝からパワーをもらえる作品でした。お父さんがダメキャラだったり、旦那さんとも途中で離婚したりしてしまいますが、ダメキャラといっても愛すべきダメキャラで絶対的に嫌なキャラというのがいなかったのも良かったと思います。(40代女性)

★朝ドラはよく見る方ですが、途中で飽きてしまう事もよくあります。しかしこのスカーレットは最初から最後まで飽きる事なくのめり込んで見てしまいました。物語や共演者の方々の魅力もさることながら、やはり主演の戸田恵梨香さんの、天真爛漫だけど、陶芸にかける思いの強さ、内側に見えてくる作品へ対する情熱、熱さが凄く伝わってきたからだと思います。笑顔がとっても花が咲いたように明るく、見ていてこちらも元気になれるし、細腕で、土をこねる姿は違和感もなく本当に魅力的でした。(30代女性)

★正直、主人公喜美子はすごく美人ではないが、長女でしっかりしていて、貧乏だけど誇りを持っているところが良かったと思いました。恋愛も挟んで、医学生に振られてしまったり、八郎さんとうまくいくところなど、ドキドキして見ていました。この時代で女性が仕事を持って生きていくのは大変だと思うのですが、戸田恵梨香さんはぴったりだと思いました。子供の白血病に立ち向かう時も負けないで生きる強い母が見られるところも好きでした。(40代女性)

逃げるは恥だが役に立つ(主演:新垣結衣)

出典:Paravi

新垣結衣

1988年6月11日 沖縄県出身
レプロエンタテインメント所属
出演作品『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『空飛ぶ広報室』ほか

逃げるは恥だが役に立つとは

放送時期:2016年10月〜12月
出演:新垣結衣、星野源、大谷亮平、藤井隆、真野恵里菜、成田凌、山賀琴子、古舘寛治、モロ師岡、高橋ひとみ、宇梶剛士、富田靖子、古田新太、石田ゆり子ほか

新垣結衣×星野源というタッグで『契約結婚』する二人とその周りの人々を描いていく2016年の大ヒットドラマ。大学院卒ながら派遣切りで仕事を無くしたみくり(新垣結衣)と彼女いない歴35年の平匡(星野源)の運命はいかに?!

視聴者の声

★「逃げるは恥だが役に立つ」は、なんといってもヒロインのみくりを演じている新垣結衣さんの可愛さが爆発している感じが凄まじくて魅力的だと思います。あんなに可愛い家政婦さんが家で待っていて、家事も完璧で、終いには本物の夫婦になれるというのは、正に男の夢という感じがして、パートナー役を演じている星野源さんが羨ましくてしょうがなくなります。そして、新垣結衣さんが情熱大陸などのパロディーを、全力でやりきっている感じも面白いです。(40代男性)

★みくりと平匡のぎこちないけど一生懸命に愛を育む姿に毎回胸がキュンキュンしまくるドラマで大好きです。特にみくりのたくましい妄想シーンが大好きでした。いろんなバージョンがありましたが、その中でもなんでも鑑定団風の妄想が私は一番好きでした。みくりの恋と平行して百合の恋愛もまたよかったです。大人だからこそ怖くて踏み出せない一歩がせつなくてとてもよかったです。エンディングで出演者の皆さんが踊る恋ダンスを見るのも毎回楽しみでした。(40代女性)

奥様は、取り扱い注意(主演:綾瀬はるか)

出典:日本テレビ

綾瀬はるか

1985年3月24日 広島県出身
ホリプロ所属
デビュー:2001年ドラマ『金田一少年の事件簿』
出演作品『義母と娘のブルース』『世界の中心で、愛をさけぶ』ほか

奥様は、取り扱い注意とは

放送時期:2017年10月〜12月
出演:綾瀬はるか、広末涼子、本田翼、中尾明慶、銀粉蝶、石黒賢、西島秀俊ほか

2021年3月19日、劇場版『奥様は、取り扱い注意』公開決定!!!

一見セレブ主婦に見える主人公・伊佐山菜美(綾瀬はるか)は某国の特殊工作員だった過去を持つ。合コンでゲットした旦那・勇輝(西島秀俊)と結婚し閑静な高級住宅街で平和な生活を送るが、しばらくするとそんな生活も退屈になり・・。

視聴者の声

★アクションがとにかくかっこいい。女優さんの中でも綾瀬はるかさんほど、動きにキレがある人は珍しいと思います。のんびりほんわかとして天然キャラな奥様にも関わらず、やるときは徹底的にやり、正義の味方になるという役柄と、綾瀬さんのキャラがかぶって見えて、好きな女優さんになりました。悪い人をやっつけるのは痛快です。肌の透明感が半端なく美しく清楚なイメージをずっとキープしたまま、演技の幅を広げておられるのが素晴らしいと思います。(60代女性)

★主人公の菜美を演じる綾瀬はるかさんが本当にぴったりとハマっていて毎回見るのが楽しみでした。旦那さんには昔のことを隠している菜美が、一生懸命にいい奥さんになろうとする健気さと、幸せだけど平凡な毎日を退屈だと感じて昔の血が騒ぐ菜美、どちらの菜美もよくて大好きでした。綾瀬はるかさんのあのスタイルの良さで、バリバリのアクションシーンは、同性である女の私から見てもドキドキでした。菜美の親友を演じる広末涼子さんと本田翼さんも素晴らしくてよかったです。(40代女性)

★綾瀬はるかさん主演のドラマは白夜行と八重の桜くらいしか見た事なかったのですが、この作品で好きになりました。夫役の西島秀俊さんとは美男美女でなんとも羨ましい夫婦で見ていて目の保養になったし、夫婦の掛け合いや、可愛い奥さんでいようとする姿は同性から見ても可愛いなと思いました。近所の奥様友達との関係性も見ていて楽しめました。そしてなんといってもアクションが良かったです。あまり動くイメージがなかったのですが、違和感なくこなされていて、一気に好きになりました。映画も楽しみです。(30代女性)

★綾瀬はるかさん演じる菜美が、かわいい奥様と元工作員の両方の顔を持ち、どちらもとても魅力的でした。始めは地域の平和を守るために、ひっそり悪者をやっつけていましたが、次第にうれしそうに、格闘する菜美の変化が頼もしかったです。悪者が次第に大物になって、仲良しの優里も関わる事件では、誘拐まで起こりドキドキしました。初めから、夫の勇輝が怪しかったですが、公安警察だったことには驚きました。しかも菜美の正体を知っていて結婚して見張っていたのです。2人が心理戦から実戦になり、この先どうなるのか、とても興味がわきました。(50代女性)

家政夫のナギサさん(主演:多部未華子)

出典:TBS

多部未華子

1989年1月25日 東京都出身
ヒラタインターナショナル所属
出演作品『これは経費で落ちません!』『ドS刑事』ほか

家政夫のナギサさんとは

放送時期:2020年7月〜9月(スペシャル「新婚おじキュン! 特別編」含む)
出演:多部未華子、瀬戸康史、眞栄田郷敦、高橋メアリージュン、平山祐介、岡部大、若月佑美、飯尾和樹、富田靖子、草刈民代、趣里、大森南朋ほか

製薬会社のMRである相原メイ(多部未華子)は、仕事にバリバリ邁進する一方で家事が苦手で恋愛にも不器用なアラサー女子。そんなメイの生活におじさんのスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)が現れて・・。初めは拒んでいたメイも徐々にナギサさんに心を開き始めていくハートフルラブコメディ。

視聴者の声

★仕事はできるのに、家事がまったくできないメイに共感しまくり!家でも持ち帰ってきた仕事に打ち込むメイには、できたての温かい食事や散らかった部屋は後回しせざるをえなかったこと。そこにやってきた家政夫のナギサさんは、本当にありがたい救世主!うちにも来てほしい、と思う働く女性は多いと思います。そしてマンションの隣人でライバル会社の田所さんが、イケメンなだけじゃなくて良い人で、しかも実はポンコツな面もあり、恋の相手としては最高!キュンとさせられます!(50代女性)

★多部未華子が演じるメイと大森南朋が演じるナギサとの恋愛というのが中学生のような感じで初々しさというのが新鮮で良かったです。そして恋愛ドラマではあるんですがメイが勤める製薬会社の仕事内容というのもリアリティがありクオリティが高いなと感じました。登場人物でオススメはメイの同僚・堀江です。お笑い芸人・ハナコの岡部大の演技力というのが見ものです。見ていると本当に落ち着きますし真面目さというのが伝わってくる存在でした。(40代男性)

★家事など全くできないメイですが、妹の紹介で、男の家政夫さんだったので驚きます。名前はナギサさんと言って料理は上手で裁縫も得意です。家に帰って料理ができていると嬉しいと思います。私もナギサさんの料理を食べてみたいと思ったほどです。そのナギサさんとメイの掛け合いは見所です。MRという仕事は初めて知りましたが、仕事を取らないとダメだという事で大変なのが分かりました。ライバルの営業の田所さんは、メイのことが好きですが、まったく相手にしてもらえないのが笑えます。田所さんも家事ができなくて洗濯機の上に炊飯器が置いてあるのも笑えました。そして、ナギサさんとメイは年の差はありますが、お似合いです。ストーリーはラブコメですが、とても素敵なドラマなのでおすすめです。(50代女性)

ルパンの娘(主演:深田恭子)

出典:FOD

深田恭子

1982年11月2日 東京都出身
ホリプロ所属
デビュー:1997年ドラマ『海峡』
出演作品『初めて恋をした日に読む話』『神様、もう少しだけ』ほか

ルパンの娘とは

放送時期:2019年7月〜9月、2020年10月〜12月(第2シリーズ)
出演:深田恭子、瀬戸康史、小沢真珠、栗原類、どんぐり、大貫勇輔、橋本環奈(第2)、松尾諭(第2)、信太昌之、マルシア、藤岡弘、、麿赤兒、渡部篤郎ほか

2021年、『ルパンの娘』映画化決定!!!

三雲華(深田恭子)は恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)に家族を紹介され警察官一家だと初めて知るが、実は華は代々受け継ぐ泥棒一家“Lの一族”であった。警察と泥棒という「ロミオとジュリエット」のような許されない恋の行方は?!“Lの一族”のチームワークやアクションシーン、ミュージカル調の演出など通常のドラマとは一線を画した演出に要注目!

視聴者の声

★「ルパンの娘」は、アニメのルパン三世のオマージュ的なコミカルで笑えるシーンが盛り沢山という感じで面白いです。全身タイツとコスシチュームも個性的でインパクトがあり、深田恭子さんが怪盗になりきっているときは美しくて、グラマラスで、アクションも冴え冴えという感じがします。そして三雲家のメンバー全員が、バカをやりきっている感じが良いです。中でも渡部篤郎さんが、完全に役に入り込んで怪盗になりきっているのが凄まじいです。(40代男性)

★深キョンのちょっとぶりっ子な感じと迫力のアクションという取り合わせが良い。個性的な俳優陣とのどこか懐かしさも感じるコメディタッチのやり取りも絶妙で笑える。特に家族のシーンが楽しい。各回のゲストも意外性があって楽しみだった。わかる人にはわかる的なネタもちりばめられていて引き込まれる。主役の二人の近づいたり離れたりする恋愛模様もじれったくもドキドキして観れた。2作目はトーンダウンするかと思いきや橋本環奈の出演など1作目にも劣らぬ面白さだった。(40代女性)

★泥棒が嫌いな主人公の華なのに人がとても良いために上手く乗せられ泥棒となって加担し悪を成敗するという心の揺れと葛藤の様子が面白く、優秀な刑事である夫の和馬に申し訳なさそうな切な過ぎる表情が素晴らしく上手いために笑いを誘い、2人の娘の杏は何も学んでいないのに既に特殊実力を兼ね備えた逸材の泥棒遺伝子を持ったキャラクター設定が愉快で、劇中に毎回始まる思いを伝えるミュージカルは内容と出演者を変えている斬新な演出で楽しく愉快に工夫されている所が最高です。(30代男性)

わたし、定時で帰ります。(主演:吉高由里子)

出典:Paravi

吉高由里子

1988年7月22日 東京都出身
アミューズ所属
デビュー:2006年映画『紀子の食卓』
代表作『東京タラレバ娘』『花子とアン』ほか

わたし、定時で帰ります。とは

放送時期:2019年4月〜6月
出演:吉高由里子、向井理、中丸雄一、柄本時生、泉澤祐希、シシド・カフカ、桜田通、江口のりこ、梶原善、酒井敏也、内田有紀、ユースケ・サンタマリアほか

「定時で帰る!」をモットーに生きる32歳WEB制作会社OLの東山結衣(吉高由里子)。過去のトラウマからプライベートを第一優先し残業をしなくなった新時代のワーキングガールがさまざまな仕事への価値観を持った社員たちの中で「仕事」との向き合い方を見つけていく。

視聴者の声

タイトル通り、主人公の女性の仕事のやり方に共感です!やることはやって、定時で帰る。効率よく仕事をして定時で帰る姿は惚れ惚れします。ただ、仕事に対して責任感も強いので、働く時は働き、仲間思いの姿勢は見習いたいですし、とても参考になります。現代の働き方って、誰もが悩むと思いますが、そんなとき出会って良かったなーと思える作品でした!プライベートが充実してこそ、働く意味があるんです!そこを見誤ってる人には考えさせられる話が盛りだくさんですよ!(20代女性)

昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜(主演:上戸彩)

出典:FOD

上戸彩

1985年9月14日 東京都出身
オスカープロモーション所属
デビュー:2000年ドラマ『涙をふいて』
出演作品『半沢直樹』『絶対零度 〜未解決事件特命捜査〜』ほか

昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜とは

放送時期:2014年7月〜9月
出演:上戸彩、吉瀬美智子、斎藤工、鈴木浩介、伊藤歩、高畑淳子、木南晴夏、淵上泰史、木下ほうか、北村一輝ほか

平凡な主婦生活を送っていた紗和(上戸彩)はある日パート先のスーパーで起こった車上荒らし事件で近所のセレブ主婦・利佳子(吉瀬美智子)と知り合う。利佳子、そして事件を起こした高校生の担任である北野(斎藤工)と出会ったことで、紗和の人生が大きく変わっていく。

視聴者の声

★明るく元気なイメージの上戸彩ちゃんが「不倫」なんて全然想像できませんでしたが、そのギャップが妙にリアリティがありどんどん話に引き込まれていきました。いけないことだとわかりながらも欲望に負けていく様はある意味人間らしくて不快な気持ちに全然なりませんでした。北野の妻がめちゃくちゃ怖かったです。でも自分が同じ立場だったらきっと同じ感じになると思います。利佳子とは仲良くなりたくないです(笑)(30代女性)

あなたのことはそれほど(主演:波瑠)

出典:Paravi

波瑠

1991年6月17日 東京都出身
ホリ・エージェンシー所属
デビュー:2006年ドラマ『『対岸の彼女』』
代表作『サバイバル・ウェディング』『あさが来た』ほか

あなたのことはそれほどとは

放送時期:2017年4月〜6月
出演:波瑠、東出昌大、仲里依紗、鈴木伸之、大政絢、中川翔子、黒川智花、大友花恋、山崎育三郎、橋本じゅん、麻生祐未ほか

医療事務として働く渡辺美都(波瑠)は自分を大事にしてくれる穏やかで優しい涼太(東出昌大)と結婚する。しかしある日、中学時代から忘れられない有島光軌(鈴木伸之)と偶然再会したことによって”運命”と舞い上がってしまい・・2組の夫婦を巡って波乱が巻き起こる大人のラブストーリー。

視聴者の声

★涼太役の東出昌大の不気味さというかサイコパス具合が本当に怖かったです。最初からの変貌がこのドラマの一番のみどころかもしれません。波瑠が演じる美都は確かに可愛いのですが、恋愛に走り過ぎてすごく嫌な女でした。有島くんの奥さんがしっかり者で感も鋭く、じわじわ攻めてくる感じが仲里依紗さんにぴったりの役だと思いました。演技うますぎて最高でした!(40代女性)

中学聖日記(主演:有村架純)

出典:Paravi

有村架純

1993年2月13日 東京都出身
フラーム所属
デビュー:2010年ドラマ『ハガネの女』
代表作『ひよっこ』『姉ちゃんの恋人』ほか

中学聖日記とは

放送日時:2018年10月〜12月
出演:有村架純、岡田健史、町田啓太、マキタスポーツ、夏木マリ、岸谷五朗、吉田羊、夏川結衣ほか

主人公・末永聖(有村架純)は念願の教師になり子星中学校へ赴任する。受け持った生徒の一人である3年生の黒岩晶(岡田健史)は聖に惹かれていくが、聖には既に婚約者・勝太郎(町田啓太)がいた。聖は10歳も年下の生徒にいけないと思いながらも次第に惹かれ始め・・

視聴者の声

★中学生の黒岩晶と婚約者がいる末永聖が恋愛しているシーンが何だか青春を感じられて良かったです。晶が聖先生に何度も断られても諦めずに頑張っている姿が素晴らしく感じました。熱意を感じられるという点で良かったと思いました。危ない恋愛ドラマに感じてはいたが、恋愛について考える機会を与えてくれたのはありがたかったです。最終的な展開で立派な職業に就いて成長している姿があったのはとても良かったと思いました。恋愛ドラマに関心がある方には、おすすめできるドラマだと考えられました。(30代男性)