人気メンズモデルから俳優へ!「阿部寛」出演ドラマ特集!

1980年代に雑誌『メンズノンノ』のカリスマモデルとして注目を浴び、その後俳優デビュー。189cmという高身長やモデル出身のルックスから役柄が狭まり不遇の時代も過ごすなか、2000年代に再ブレイクを果たした「阿部寛」。今や代表作も多く持つ阿部寛さんの人気ドラマ作品を特集します!

下町ロケット

出典:TBS

下町ロケットとは

放送時期:2015年10月〜12月、2018年10月〜12月(第2シリーズ/2018年版)
出演:阿部寛、土屋太鳳、竹内涼真、安田顕、徳重聡、立川談春、和田聰宏、今野浩喜、中本賢、谷田歩、朝倉あき、ぼくもとさきこ、真矢ミキ、木下ほうか、池畑慎之介、恵俊彰、倍賞美津子、吉川晃司、杉良太郎ほか

池井戸潤×阿部寛のタッグが日曜劇場で実現!町工場「佃製作所」を舞台に、佃航平(阿部寛)が社員たちとともにロケットへの夢を追う感動のヒューマンドラマシリーズ。

視聴者の声

★下町の小さな工場の人々が、大きな夢に向かって様々な苦難を乗り越えていく人間模様が、とても丁寧に描かれていました。見ているうちにロケット開発が私自身の希望にもなっていくようでした。苦難にあうたびに揺れ動く、自分は逃げたい、楽になりたい、人間の弱い心にも共感できるようでした。工場という一見地味な世界の中にも、日本人らしい勤勉さが輝いてみえたこと、また対照的に大企業の華やかな世界にも、しがらみを乗り越えなくてはならないという壁があって、自分の夢の実現に対して、どれほどあきらめない心を持っているのか問いかけられているような、じんわりと元気の湧いてくる作品でした。(40代女性)

★下町の工場がロケット部品を作って大手企業を打ち負かすストーリーが好きです。大手企業とは常に敵対関係で嫌味を言われたりしますが、吉川晃司さんは佃製作所の技術を認めてくれて味方になってくれるシーンも心を打たれます。納期までに間に合うのか、間に合わないのか、毎回ハラハラしながら見ていました。それと佃製作所の従業員が自分たちの仕事にプライドと責任感を持っているところは自分も見習わないといけないな、と感じました。信頼できる上司と仕事に全力を注ぐ従業員が働く職場だからこそ成し得たことだと思います。(30代女性)

結婚できない男

出典:FOD

結婚できない男とは

放送時期:2006年7月〜9月、2019年10月〜12月(まだ結婚できない男
出演:阿部寛、塚本高史、尾美としのり、三浦理恵子、不破万作、草笛光子ほか
2006年】夏川結衣、国仲涼子、さくら、高知東生、SHEILA、高島礼子、平岡映美
2019年】吉田羊、深川麻衣、稲森いずみ、平祐奈、奈緒、咲妃みゆ、阿南敦子

優秀な建築家であり高身長、一見モテそうな主人公・桑野信介(阿部寛)は皮肉屋で一人でいることを謳歌する40歳の独身男。結婚に対して「妻と子供と住宅ローンの三大不良債権を背負う」と言い切る桑野とそこにまつわる人たちのリアルでコミカルな日常を描く。2019年版『まだ結婚できない男』では13年後の桑野たちが描かれている。

視聴者の声

★阿部寛さん含め、脇を固める俳優陣の演技力の高さとストーリーの面白さが好きです。イケメン俳優の阿部寛さんが結婚できない少し気持ち悪い男になりきって演じてる点は見ていてクスっとしてしまう面白さがあります。また周りの俳優陣の主人公を気持ち悪いと思いながら、でも気になってしょうがないと言う目で見てしまうコミカルな演技も見ていて笑いを誘います。結婚できない男は極端ではありますが、でも誰しもがどこか共感できるような点があるため見ていて、確かになんかわかる!と思わせてそれがまた見ていて癖になり最後まで楽しく見ることができました。(30代女性)

★私は、この作品が大好きで桑野さんが、たまらなく好きです。根は良い人だけれど、桑野さんの優しさは少しずれていてるし、笑ってしまうほど女心がわかっていないけれど、そこが桑野さんの良さであり、面白さであり、阿部さんが演じているということを忘れてしまうくらい、桑野さんは現実に存在してくれているように思えてしまうほどのリアルな存在感があるので、それだけ自然な演技をしてくれているんだなと、改めて阿部さんの凄さを実感するので、この作品を選びました。(30代女性)

★阿部寛さん演じる桑野がお一人様生活を満喫するシーンが大好きです。一人焼き肉、プラモデル、それに音楽を聞きながら指揮棒を振るシーンは何度見ても笑えます。一人が大好きで他人を寄せ付けないオーラがあるのに、隣の部屋に住む女性の飼い犬に懐かれるところも魅力的です。その犬がフレンチブルドックでどこか阿部寛さんに似ています。余計な一言を言って女性を怒らせてしまったり、母親や妹に愛想をつかれてしまいますが、どこか憎めない桑野が大好きです。(40代女性)

TRICKシリーズ

出典:テレビ朝日

TRICKシリーズとは

放送時期:2000年〜2003年(〜第3シリーズ)、〜2014年(スペシャル)
出演:仲間由紀恵、阿部寛、生瀬勝久、野際陽子ほか

自称天才マジシャンの山田奈緒子と若手物理学者の上田次郎という二人がなぜか超常現象にまつわる奇妙な事件に巻き込まれ、手品や物理学でインチキを暴いていく。ドラマシリーズのほか、映画化もされるなど幅広い年代に支持されている大人気シリーズ作品。

視聴者の声

★一番の見どころは渋い二枚目俳優の阿部寛さんが「頭はいいけど人間的にはちょっと…」という憎めないコミカルなキャラクターを演じる所です。仲間由紀恵さんとの絶妙な掛け合いを毎回楽しく観ていました。かっこよすぎてクールな阿部さんはちょっと苦手と思っていましたがこのドラマで阿部寛さんを好きになったほどのはまり役。コメディーだけでなく毎回ミステリーやホラーの要素もちゃんとありとても見ごたえのあるドラマシリーズです。(50代女性)

★ドラマ全体に流れる独特な空気感と、どこか不可思議な世界観の中で確実に存在感のある濃いキャラクターを強烈なインパクトで演じられているところが見ていて面白くて大好きです。仲間由紀恵さんとのやり取りも楽しくて、その関係性にだんだん愛着がわいてきてクセになる感じがあります。カメラ割や効果音も独特ですごく印象深くて、知らない間にものすごくハマってしまいます。シリーズ化されていくにつれ、お馴染みのキャラクターが活躍する安定感も心地よくなってきます。(30代女性)

ドラゴン桜

出典:Paravi

ドラゴン桜とは

放送時期:2005年7月〜9月
※2021年4月〜待望の新シリーズが放送予定!!
出演:阿部寛、長谷川京子、山下智久、長澤まさみ、中尾明慶、小池徹平、新垣結衣、サエコ、石野真子、野際陽子ほか

元暴走族から弁護士となった桜木建二(阿部寛)が倒産寸前の三流私立高校を立て直すために「東大合格5人出す」と宣言。特進クラスを設立し自らが担任となってあらゆる方法で指導していく。

視聴者の声

★「バカとブスは東大に行け」、ブスならともかくバカなら東大は無理だと思うんですが、生徒の半分が東大に合格しました。勉強そのものと勉強の仕方、そして何よりもテストの問題点答えるコツみたいなことを教え込んでいました。山下智久、小池徹平、中尾明慶、長澤まさみ、新垣結衣、紗栄子と生徒たちも今は第一線で活躍しています。私が中高生の時に見たかったドラマです。東大は無理でももう少しマシな人生を歩めたかもしれません。新作も楽しみにしています。(50代女性)

★とても勉強になりました。特に勉強しない奴は損をするというセリフは大人になった今では心に染みわたります。いままの青春学園ドラマと違って受験を題材にした作品で子供にも是非とも見せたくなるようなものでした。主演の阿部さん以外にも今の代表するような俳優さんが出ているので見返すたびに改めてすごいメンバーだなと思ってしまいます。ドン底から這いあがってくる生徒たちの奮闘を毎週応援しながら拝見させてもらいました。(30代男性)

★ドラゴン桜は大学受験をしている時に見ていました。感動と涙が出るドラマでとても好きです。桜木先生の熱心な指導、愛情を持って接した結果、落ちこぼれていた高校生が東京大学に合格できたことに素晴らしさを感じました。東大に合格するまでは、困難にぶち当たることもたくさんあったが、勉強の仕方、思考についてしっかり考えていたことは素晴らしく感じました。ドラゴン桜を見れば、諦めずに何かに挑戦していこうという気持ちが芽生えてとても良いドラマだと思いました。(30代男性)

新参者

出典:Paravi

新参者とは

公開開始:2010年4月〜6月
出演:阿部寛、黒木メイサ、向井理、溝端淳平、木村祐一、泉谷しげる、笹野高史、原田美枝子、三浦友和ほか

東野圭吾の小説による主人公「加賀恭一郎」シリーズより『新参者』がテレビドラマ化!日本橋署を舞台に刑事である加賀恭一郎が鋭い洞察力で事件を解決していくヒューマンミステリー。スペシャルドラマ「眠りの森」や映画「麒麟の翼」「祈りの幕が下りる時」が公開されている人気作品。

視聴者の声

★阿部寛さん演じる加賀恭一郎が、慣れない日本橋で殺人事件の捜査をします。その設定がとても興味深かったです。加賀は、被害者に関わる人を1人ずつ丁寧に捜査し、容疑者から外していきます。その作業を通して、被害者の人生や人柄を明らかにしていくのです。被害者は、離婚後、自立をして、家を出た息子を応援しながら生きていこうとしたのです。被害者に対する思いが回を重ねることに強くなりました。ロケも多く日本橋の様子もよくわかりました。加賀が、何度並んでもたい焼きが買えないコミカルな場面もあって良かったです。(60代女性)

アットホーム・ダッド

出典:FOD

アットホーム・ダッドとは

放送時期:2004年4月〜6月
出演:阿部寛、宮迫博之、篠原涼子、中島知子、滝沢沙織、中村繁之、永井大、川島なお美ほか

大手広告会社に勤める主人公・山村和之(阿部寛)は念願のマイホームを手に入れたが、突然の失業により主夫に!代わりに妻・美紀(篠原涼子)が働き、「女の仕事」とみていた家事に戸惑いながらも隣人の専業主夫・杉尾優介(宮迫博之)に指南してもらい人として成長していくホームコメディ。

視聴者の声

更新予定。

白い春

出典:関西テレビ

白い春とは

放送時期:2009年4月〜6月
出演:阿部寛、大橋のぞみ、吉高由里子、遠藤雄弥、紺野まひる、デビット伊東、白石美帆、遠藤憲一ほか

元暴力団の佐倉春男(阿部寛)は9年の刑期を終える。元恋人の病気の治療費のために犯した犯罪だったが、すでに他界していたことを知る。そんな中、ある少女と出会い変化していく感動のヒューマンドラマ。

視聴者の声

更新予定。

逃亡者 RUNAWAY

出典:TBS

逃亡者 RUNAWAYとは

放送時期:2004年7月〜9月
出演:江口洋介、阿部寛、水野美紀、加藤浩次、長澤まさみ、黒川智花、片平なぎさ、戸田菜穂、別所哲也、原田美枝子、原田芳雄ほか

主人公・永井徹生(江口洋介)は妻と息子と幸せな生活を送っていたが、ある日最愛の妻を殺害されてしまう。犯人を追うが逃げられ、狂気の指紋から自分が逮捕されることに。警視庁へ護送される途中で車が事故に合い、永井は逃走する。永井を追う刑事・峰島隆司を阿部寛が演じる。

視聴者の声

更新予定。